審美的に治療を考えた場合、見える場所に金属ではなく、歯の色に近い白色を入れる治療になります。
前歯も、奥歯も、小さな虫歯であれば、白いプラスチックを詰めれば済みますし、保険で一回でできます。
前歯と犬歯から2本目までの奥歯までは、虫歯が大きくて被せなければならない場合でも、一回では終りませんが、保険で白いプラスチック製の冠を被せられます。大きな奥歯2本は被せる場合、普通保険では、金属になります。

CR(白いプラスチックを詰める)充填治療

前歯は、隣の歯との隙間か、歯の根本の所が虫歯になることが多いのですが、小さければ、虫歯の部分を削ってCR(白いプラスチック)を詰めれば一回で済みますし、保険で出来ます。
見た感じも分からなくなりますよ。

奥歯は、やはり虫歯が小さければ、虫歯の部分を削ってCR(白いプラスチック)を詰めれば一回で済みますし、保険で出来ます。

奥歯のインレイ(金属を詰める)治療

奥歯は前歯と違い、強く噛むので材料の問題で噛み合う部分が擦り減ったり、割れたりしやすく、それによって嚙み合わせ変わってしまいます。それで噛み合っている他歯の治療が必要になる場合もありますので、大きい虫歯で、見かけが気にならないのでしたら、金属の方がいい場合もあります。

RJ冠(白いプラスチックの冠)治療

前歯(犬歯まで)と小臼歯(犬歯から奥2本まで)は、保険で白いプラスチックの冠を被せられます。白くていいのですが、材料の強度がないため、すり減ったり、割れたり、変色しやすいので、他の材料と比べ、あまり持たないことが多いです。大臼歯(奥歯の2本)は普通保険では金属の冠になります。

自費治療(保険外)

保険治療で出来る材料、治療は決まりがあるので、それ以上の治療は自費治療になります。
詰める、被せる金属であれば、金の含有量の多い金属(性質が優れている)が使用できますし、白いプラスチックは、材質の良い(強度、審美性が良い)ハイブリッドの材料が使用できます。

自費治療では、どの歯でも陶材前装冠が出来ます。金属ですが、表面にセラミックを焼き付けてあるので、金属は見えません。強度、審美性に優れ、ほとんど自分の歯と見分けがつかないと思いますし、変色もないです。

他に、金属ではなく、ジルコニアを使用した陶材前装冠が出来ます。ジルコニアは模造ダイヤとも呼ばれていた材質で、白くて硬いです、硬すぎる位です。このジルコニアで作った冠に、セラミックを焼き付けた前装冠が、強度もありきれいですが、残念ですが金属の前装冠より値段が高くなります。