根管治療(歯の根の中の治療)には大きく2種類あります。
虫歯などで歯の神経が生きている状態で、痛みが出て、神経を取らなければ痛みが治まらない場合。
何らかの理由(前回の治療の問題、虫歯)などで歯の根の中が腐敗していて、痛み、腫れがある状態。
どちらも歯の中をきれいにする治療になります。

歯の状態

虫歯のない健全な状態の歯です。

C1、虫歯が浅く、症状がない場合、経過観察か、白いプラスチックを詰めるので済むことが多いです。

C2 、虫歯が中程度で、症状がない場合、白いプラスチックを詰めるか、型を取って金属を詰めることになりますが、症状がひどい場合は神経を取らなければならないこともあります。

C3、虫歯が深く、神経を犯している状態で、痛みが出ることが多く、神経を取らなければならないと痛みが治まらないです。

歯髄壊死、更に虫歯が進むと、神経が死んで、歯の中が腐敗した状態になります。根の先に病気の袋ができて、大きくなると歯肉が腫れます。

根管治療

歯の上の部分を削って取り除き、歯髄または腐敗物を露出させます。

神経、または腐敗物を、小さなドリルの様な器具を使用して、根の先まで取り除いていきます。この作業に時間と、技術(奥歯は根が多いと4本、曲がっていることもありますので、)が必要です。

根の先に病気の袋が出来ている場合は、根の中の消毒薬を何回か交換して、改善を試みます。神経を抜いた歯は、状態を安定させます。状態が良くなったら、根の中に最終的な薬を入れて、根管治療は終わりになります。治療が正しく出来ていれば、歯を抜かなくて済むことがほとんどです。

根管治療後の処置

根管治療が終わったら、上の部分に歯を作ります。
根の中に金属の土台(メタルコア)を入れて、その上に冠を被せます、保険では大臼歯(奥歯2本)は金属になります。

根の中にプラスチックの土台(ファイバーコア)を入れることもあります。