歯周病治療は、まず検査(レントゲン撮影、歯肉の状態など)から入ります。
その結果で、治療方針などが決まりますが、歯石を取るのを始めとして、歯磨きの指導などになります。状態により治療回数がかかる場合もあります。歯石の除去が終わっても再検査結果により外科的処置(歯肉の切開など)が必要なこともありますが、その後は3ヶ月に1回位のチェックをすれば十分なことも多いです。
当医院では、すべて医院長が、管理、処置をしています。

検査

はじめに、レントゲン撮影、歯肉の検査になります。

健康な歯肉の状態です。

片側に歯石が付き、歯肉が炎症を起こし、歯槽骨がだいぶ吸収されて少なくなっています。 
でも歯石を取って清潔にし、歯磨きが正しい仕方で、管理されれば、改善の余地があります。

全周に歯石が付き、歯肉の炎症がひどく、歯槽骨もかなりの吸収があり、歯も浮き上がってしまい、グラグラです。
改善はあまり見込まれず、残念ながら、ほとんどが歯を抜く処置になるでしょう。

歯石の除去、クリーニング

専用の器具を使用し、歯石の除去を行います。
これは医院長が行います、数回かかることもあります。

最後に表面の汚れ、着色を取ってきれいにします。

ブラッシング指導

歯ブラシ大きな物より、少し小さめ(小回りが効くので、特に女性は)がいいです。
毛の硬さは普通でいいと思いますが、柔らかいものより、なれれば少し固め。
材質はナイロンでいいと思います。

古くなった歯ブラシは、早めに交換してください。
毛の先が曲がった歯ブラシでは、ちゃんと磨けません。
長く大切に使う物ではないですよ。

歯ブラシの持ち方は、鉛筆を持つ感じです。
あまりしっかり持って、強く磨くと、歯、歯肉に悪影響があります。

虫歯予防になる磨き方です。
歯の噛み合う上の部分の溝は、虫歯になりやすい場所でもあるので、歯ブラシの先を差し込んで、細かく動かしてください。

歯と歯の隙間、歯の根元の虫歯、歯周病の予防になる磨き方です。
約90度の角度で、歯と歯の隙間に毛先を差し込み、毛先がしなる程度のふり幅で、振動させてください。

歯周病予防に効果のある磨き方です。
約45度の角度で、歯と歯肉の境目に毛先を差し込み、やはり、毛先がしなる程度のふり幅で、振動させてください。
歯肉のマッサージにもなるので、歯周病予防に効果的です。

歯磨きは、朝昼晩1日3回、30分以内に3分以上かけるのが基本ですが、食後3回と寝る前に磨いた方がいいです。食後30分以上開けて磨いた方がいい考えもありますが,それを気にすると、忘れることもあるので、大体でいいと思います。時間は最低3分以上で5分位、やはり大体でいいです。磨き方、磨けているかどうか、の方が重要です。

就寝前の歯磨きは重要です。
睡眠中は唾液(虫歯予防の効果があります)の量が減り、また口、舌の動きが鈍いので唾液の流動が悪く、虫歯になりやすくなります。

お口の状態、歯磨きの仕方は皆さん違いがあります。
自分に合った磨き方を知るためにも、先生に口の状態を見てもらって、実際に指導してもらうのが一番だと思いますよ。