入れ歯は大きく分けて、総入れ歯と部分入れ歯の2種類があり、歯が一本でも残っていれば部分入れ歯になります。部分入れ歯といっても残っている歯の本数によってかなり違います。歯が少ないほど安定が悪くなりますし、形や大きさもかなり違います。

保険の部分入れ歯の場合は、残っている歯の金具を引っかける形が多いですが、本数によって、大きさや形がまったく異なります。見かけや形が保険で出来るものは、ある程度決まっていますので、先生に相談するのがいいと思います。

総入れ歯の場合、安定させるのが、場合によっては大変難しいです。技術と時間をかけなければ、中々希望どおりに出来ない場合もあります。保険の治療では限界があると考えるのなら、やはり先生に相談するのがいいと思います。