まず、歯を削らない、抜かないを基本として、患者さんの希望を聞き、検査、話し合いを元に治療方針を決めます。その際決して無理に自費治療を勧めません。それから患者さんの了解をえて初めて治療に入りますが、その際 私しかいないので治療中でもいつでも質問に答えられますので、遠慮なくしてくださいね。

治療の流れ

患者さんが来院してからまず、問診表を書いていただきます。その内容によって、既往歴、主訴がわかりますので、治療に際しての注意、大まかな方向が決まります。

次に、患者さんと直接向かって話し合い、医院に来た動機、症状、治療の希望などを聞きます。

聞いた内容により、歯周病の検査、レントゲン撮影などの検査を決め、患者さんに納得してもらいます。

歯周病検査、レントゲン撮影(大きな映像のパノラマ撮影、小さなフィルムのデンタル撮影)、など必要な検査を行います。

検査の結果を元に、患者さんに現在の状態を説明し、これからの治療方針を話し合い、了解を得ます。

でも、やっぱり痛いのではないかと、怖いですよね。でも安心してください、ほとんどの場合、痛みを感じずに治療できまよ。

これで安心して治療がうけられますね。ただ痛みの感じ方、麻酔の効き方には個人差がありますので、その場合も、無理して治療はいたしませんから、遠慮なく伝えてくれれば、その都度、痛みを抑える処置をさせてもらいます。

ほら、もう終わってしまいました。